リン酸鉄リチウム電池と三元系リチウム電池の違い

リン酸鉄リチウム電池と三元系リチウム電池の違いは以下のとおりです。
1. ポジティブ材料が異なります:
リン酸鉄リチウム電池の正極はリン酸鉄でできており、三元系リチウム電池の正極は三元系の材料でできています。

2. 異なるエネルギー密度:
リン酸鉄リチウム電池セルのエネルギー密度は約 110Wh/kg ですが、三元系リチウム電池セルのエネルギー密度は一般的に 200Wh/kg です。つまり、同じ重量の電池の場合、三元リチウム電池のエネルギー密度はリン酸鉄リチウム電池の1.7倍であり、三元リチウム電池は新エネルギー車により長い耐久性をもたらすことができます。

3. 異なる温度差効率:
リン酸鉄リチウム電池は高温に耐えることができますが、三元系リチウム電池は低温耐性に優れており、これが低温リチウム電池製造の主な技術ルートです。マイナス 20℃ では、三元系リチウム電池は容量の 70.14% を放出できますが、リン酸鉄リチウム電池は容量の 54.94% しか放出できません。

4.異なる充電効率:
三元系リチウム電池は効率が高くなります。実験データによると、10℃以下で充電した場合は両者に差はほとんどありませんが、10℃以上で充電すると距離が伸びます。20℃で充電した場合、三元系リチウム電池の定電流比は52.75%、リン酸鉄リチウム電池の定電流比は10.08%です。前者は後者の5倍です。

5.異なるサイクル寿命:
リン酸鉄リチウム電池のサイクル寿命は三元リチウム電池よりも優れています。
対照的に、リン酸鉄リチウム電池は安全で長寿命で高温耐性があります。三元系リチウム電池は、軽量、充電効率が高く、耐低温性が優れているという利点があります。

通常、エネルギー貯蔵にはリン酸鉄リチウム電池を使用します。これは、より強力で安全で寿命が長いためです。

产品目录册-中文 20180731 转曲.cdr

投稿時刻: 2023 年 1 月 3 日